記事一覧

川沿いの露天風呂で川風と世間話

お客様の少ない時間に川風を大きく吸い込みました。こんな時間がいつでも過ごせるように平和な日本であってほしいです。水音も柔らかく良い気持ちです。...

続きを読む

ちょつと嵯峨和の湯へ

冬の寒さに縮まった身体を温泉で温めてきました。 食事と日帰り温泉のプランは流行らしいがよい時間と平日で湯船は独り占めでした。...

続きを読む

源泉掛け流し

毎度ひとりじめの温泉です。...

続きを読む

ゴールデンウィークの準備に忙しい那須を訪ねる

疲れた身体を温泉で癒す、目的は鹿の湯です。車窓から日の出を眺めて一気に那須へ鹿の湯が開くまでここでのんびりと過ごす。人はいませんがこの季節に水たまりは凍り付いてます。あまりの寒さに殺傷石まで下りてきました(^^;)Pで軽く朝食を取り鹿の湯へ私は44度が限界で46度48度?は近寄る気もありません。(笑)硫黄泉が温泉気分を一段と高めてくれます。鹿の湯大人400円長湯で癒したら腹ごしらえに那須名物のすいとん...

続きを読む

七里川温泉の泉質はつるつる

びみょうな雰囲気の漂う小さな温泉でした。お客さんの話によれば数年前にテレビ取材が入りブレイクして混むようになったとのことです。千葉の外房に向かう山の中、驚いたのはうっすらとした硫黄泉で肌がつるつるになります。千葉にはめずらしい泉質かと思います。玄関にいろりが数台あり美味しい食材を焼いていました。設備自体は古い様子でしたが湯の満足感はありました。私は日帰り入浴のみの利用でした。一人1000円程度とちょっ...

続きを読む

プロフィール

幻の渓流師 ↑(レオ蔵の昼寝姿)

Author:幻の渓流師 ↑(レオ蔵の昼寝姿)
幻の渓流師&レオの戯言 爺ちゃん突入で渓流に立ち入る機会も減ってすっかり「幻の・・・」があだ名となりました。レオ蔵君は令和元年6月8日家族に見守る中穏やかに寝息を止め旅立ちました。15年と5ケ月。

心の中に愛しいレオ蔵を伴って渓流釣、etcとごった煮のようなブログを残したいと思います。
宜しかったら是非お立ち寄りください。

検索フォーム